まちのダイバー・シティズン・センターを目指して
Diver Citizen Center
まちをダイバーシティ(多様性)の視点からみつめ、地域のシチズンシップ(市民性)によって誰一人取り残さない地域のあり方へシフトすることを目指します
​運営方針

1「多様性」をキーワードに「まちの担い手づくり」を模索します。

社会的困難を抱えた地域のみなさまへ寄り添い、当事者性を大切にしながら「支え手から担い手へ」シフトしていくことを支えることや、これまでまちづくりにあまり関わってこなかった事業者や若者層を意識した取り組みなど、まちの多様な担い手づくりを模索していきます。

2 市民の地(知)の多様性の力を引き出す展開を目指します。

センター周辺は市立芸術大学の移転予定地となり、ますます活発になります。公共施設と大学との連携から、大学の文化芸術における専門性、下京区のローカルな知恵をつなぎ、まちにつなげることを目指します。

3 「グローカル」をキーワードに「市民による京都の玄関」としてのセンターを模索します。

京都の「市民による玄関口」として「Think Global Act Local」をコンセプトとして、グローバルな課題に思いを馳せながらローカルに活動を展開していきます。

4 下京から「地域社会の持続可能性」を模索し発信していくことを目指します。

京都全体でも急速に「SDGs」をキーワードとした取り組みが広がり、市民社会、企業にとっても重要なキーワードとして認識されつつあります。「誰一人取り残さない-No one will be left behind」と掲げられたこの目標をキーワードに学び、つながり、展開していくことを目指します。
 

​施設概要

京都市下京いきいき市民活動センター

〒600-8266 京都府京都市下京区上之町38

​TEL:075-371-8220    

FAX:075-371-7708

指定管理者:有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

センター代表者 田辺尊史​

​いきいき市民活動センターとは(京都市文言より抜粋)

 いきいき市民活動センターは,市民公益活動はもとより,サークル活動など市民活動を幅広く支援していくため,既設の「市民活動総合センター」を補完し,市民がいきいきと活動できる場所と機会を提供する施設です。また,市民活動総合センターのブランチ的な機能を有しつつも,それぞれが独立した公の施設として,地域や利用者との「交流」,「協働」を通じ,それぞれが特色ある施設へと「進化」していく在り方を目指していきます。

運営体制

 指定管理者制度に基づき公設市民営で運営しています。平成31年度より有限責任事業組合まちとしごと総合研究所が運営を行っています。運営については、京都市が設置する有識者による外部評価委員会により客観的に評価して頂き、運営の改善を行っています。

machigoto.png

指定管理者 まちとしごと総合研究所

 

​地方都市や地域だから選択できる「働き方」、人口が減少しても、豊かに暮らすことができる「暮らし方」。地方都市や地域だからこそできる「選べる生き方」を私たちは提案する民間シンクタンクです。

ロゴ_1.png

〒600-8266 京都府京都市下京区上之町38番地

​ TEL:075-371-8220    

 FAX:075-371-7708

 MAIL: hello★shimogyo-ikik.com 

  ★を@に変えてください

 【開館時間】

  月・水~土 10:00~21:00(予約受付時間 ~20:30)

  日     10:00~17:00(予約受付時間 ~16:30)

 【休館日】  毎週火曜日・年末年始

© 2019  まちとしごと総合研究所 ALL RIGHT RESERVED.