修徳学区の様子

Step4:各学区の様子を歴史や人の声からみていきましょう。

修徳学区ストーリー

・平安末期から鎌倉初期にかけて、政治と文化を担った中心人物である関白・九条兼実の史跡がある。また、兼実の和歌の師匠が藤原俊成であったこともあり、その俊成が和歌所を修徳に造るなど、中世・近世を通して「和歌の聖地」だった。

・日本で最初の小学校を設立したのが修徳学区だった。土地と資金を出し合い、日本最初の小学校会社も設立した。

略年表

明治2年    修徳小学校(第14番学校)が開校

平成4年    修徳小学校の廃校(洛央小学校への統合)

平成11年  修徳まちづくり委員会設立

平成13年  修徳学区地区計画(     )の策定

平成18年  修徳学区まちづくり憲章 第一部(        )を完成

平成22年  まちづくり憲章第二部安心・安全編(      )を完成

​平成22年  まちづくり憲章第二部まちなみ編(      )を完成

​平成24年  地域景観づくり協議会に認定

修徳学区に住む人々の声

・わたしの住んでいる修徳学区は、子供からお年寄りまでの人が、安心して交流も深められる暖かいまちです。私たちでこれまでの伝統を守りながら、さらに住みよいまちにしたいです(棚部美春/中学3年)。

・祖父の代から居住しています。どこへ出かける時もアクセスは最高‼PTAやサークルを通じて、友人にも恵まれ、子育てをしながら有意義な生活をエンジョイしています(京極礼子/40歳代)。

・我が修徳、戯れ学び生業の揺藍。PTA・町内会・自治連合会、稲荷祭・祇園祭・時代祭と関与す。平安の昔より数多の貴賤群衆が躍動せし此地に、今生く事、欣喜至高(近森佐太郎/60歳代)。

修徳学区ホームページ

​出典:

・下京区130周年記念事業実行委員会(2010)「下京区130周年記念誌」京都市下京区,33-34頁。

・修徳学区(n.d.)「修徳まちづくり委員会」https://kyotokeikan.org/syutoku_HP/syutoku_machii.htm(最終閲覧日2020年7月31日)

・修徳学区(n.d.)「まちづくり憲章」https://kyotokeikan.org/syutoku_HP/syutoku_kensyo.htm(最終閲覧日2020年7月31日)

© 2019  まちとしごと総合研究所 ALL RIGHT RESERVED.